デンタルローン審査

歯の治療費って高いからお金借りないと治療できないのに・・・

私は以前、趣味のサッカーをしていてキーパーと激突して前歯を折ってしまいました。

 

しかも過去に虫歯治療をしていた歯で弱くなっていたのか、根本から折れてしまったので歯根を取って両隣りの歯も犠牲にしてブリッジをしないといけないと言われました。

 

保険の効く安い歯もあるようでしたが、前歯なのでできれば綺麗な歯にしたいと思ったら保険が効かないとのこと・・・orz。

 

治療費はなんと24万円・・・(T T)。そんな沢山のお金なんて、すぐに用意はできなかったのですが、前歯のない状態のままでずっといるのはみっともないので、治すほかなくローンを借りることにしました。

 

しかし、診てもらったデンタルクリニックさんではローンの取り扱いはやっていないと(涙)。デンタルローンのある銀行もあるようですが、近くの銀行にはないようでしたし、遠くまで行って手続きするのは面倒で審査も厳しいみたいなので、カードローンで借りることにしました。

 

30万くらいなら主婦でも借りることができるし、今後の万が一のことにも備えて一枚もっておこうと思いました。そんな便利なカードローンを少し紹介します。


デンタルクリニックでの保険外治療

自費治療は集中的に治すことができるのが良い

最近歯医者に通いはじめました。奥歯に大きな虫歯があり、歯を削ってクラウンを詰める必要が出て来たことから自費治療を検討し始めました。

 

自費治療となると、詰め物に5万から10万くらい掛かります。歯は大切だけど、それだけの金額を掛けるのにサラっと説明を終わらす歯医者が居ることにびっくりしました。結局、歯医者を転々として、今は説明も十分にしてくれて信頼のおける歯医者さんが見つかったので、ようやく自費治療に踏み出すことができました。

 

自費治療だと、保険治療とは違って集中的に治すことが出来るようなので、左上をやりながら右上の歯も治療してもらったりと、時間の面でも色々と調整をしてくれるのも気に入っています。

 

歯医者はコンビニ並みに多いというので、自費治療を検討される人はネットで良く調べた上で歯医者を選んで、また実際に通い始めてからもちょっと不安や違和感を感じたら躊躇なく他の歯医者も検討することを忘れないようにしたら良いと思います。

歯の治療以外にも、お金を借りる必要のある治療

不妊治療中にお金を借りました

基本的にはお金の貸し借りは大嫌いで今までも行ってきませんでした。持っているお金で生活していくのが当たり前だと思っているので、お金を借りる人はルーズな人というイメージがありました。

 

そんな私がお金に困ったのは、不妊治療を始めたからです。もう一人子供が欲しいと考え、不妊治療を始めたのですが、病院まで行く交通費もかかりますし、治療に関しては本当に高額です。

 

出来れば、働きながら治療したいところですが、治療中は全く予定が立てられないので仕事しながらというわけにはいきません。何も買っていないのにお金ばかりがなくなってしまい、治療を中断しなくてはならなくなりました。

 

年齢的にも早いほうが妊娠の確率が上がるので、本来なら治療を中断したくありません。そこで、母に相談したところあと1回分の治療費は貸してあげると言ってくれました。

 

結果が出るまで延々と治療していくお金と気力はないので、あと1回で諦めるつもりですが、母がお金を貸してくれたことは感謝しています。

 

不妊治療に限らず歯の治療などもそうですが、家族の病気や入院でもお金ってどんどんなくなっていくのだなと思いました。

関連サイト

お金を借りるnavi.netでは、今すぐお金がほしい人のための「借りたいカードローン人気ランキング」をはじめとした、お金を借りることが必要となる様々な場面で役立つ情報を掲載しています。